単身赴任で引っ越しを決めたなら|低予算にするポイント

レディ

引っ越すときに大事なこと

引越しをする際は引越業者に支払う料金のほか、お世話になった方々やご近所の方にも挨拶の品を準備しなければなりません。ですから引越しにはかなりの費用がかかるものです。そのため少しでも安く抑えるためには引越し料金を安く抑える必要があります。

婦人

見積りシミュレーション

各引越し業者では見積り費用のシミュレーションができます。1社ずつWEB入力するのは面倒ですが、一括見積サイトを利用することで、複数の業者に見積もり依頼ができます。安くする方法としては、時間帯は午後またはフリーにすることです。

引越業者の賢い利用法

部屋

単身引越の見積もり

社会人として一人暮らしの新生活をスタートさせる場合ばかりでなく、会社の人事異動に伴う単身赴任にも引越はつきものです。単身の場合は通常の引越しよりも運ぶ荷物の量も限られてくるため、一般的な引越プランでは料金が割高になってしまいます。そのため多くの人は単身パックなど単身用の引越プランを用意している引越業者を利用し、少しでも料金を安くするように工夫しています。大手引越業者の単身パックは使用されるカートやボックスのサイズと距離に応じて料金が決まり、一般の引越プランより料金が安い点に大きな魅力があります。このような単身パックでは宅配業者のノウハウを活用して荷物の運送が効率化されているため、低料金が実現しているのです。単身赴任の引越料金をさらに安くしたいという人は、電話や訪問で料金の見積もりをしてもらう引越業者の単身向けサービスも見逃せません。こちらは見積もりを取るという手間もかかりますが、運ぶ荷物の量にも柔軟に対応できる上に見積もりの比較も可能となります。複数の引越業者に見積もりをしてもらい、料金を比較した上で最も安い業者を選ぶこともできるのです。料金体系の決まっている単身パックと比べ、個別見積もりによって料金が決まる単身用引越サービスの方が安い傾向も見られます。引越業者によっては電話で荷物のリストを挙げるだけで大まかな料金の見積もりができるところもありますので、引越費用の目安もそれだけ早く立てられるのです。単身赴任は必ずしも定例人事で決まるとは限らず、急な赴任が決まって数日以内に引越を完了しなければならないというケースも出てきます。運ぶ荷物が少なく自分で荷物の量も見当がつく場合は、料金体系のはっきりした単身パックを利用するのが安心です。単身赴任までにある程度の時間的余裕がある場合には引越費用を節約するためにも、手軽に料金の見積もりができる引越業者を選ぶのが賢い利用法です。